玉置行政書士事務所

産廃中間処理・51条許可、経審等の難しい手続きは玉置行政書士事務所

お問い合わせ窓口

情報BOX

焼却炉や産廃施設が設置可能な土地情報があります。

イラスト7 (800x300)

 産業廃棄物処理施設(5t/日以上のがれき類、木くず等を破砕する破砕機や200㎏/日以上焼却する焼却炉等)を設置する場合は、廃棄物処理法による中間処理業許可及び産業廃棄物処理施設設置許可を取得するとともに、建築基準法第51条許可を取得しなければなりません。
 この建築基準法第51条許可基準は、現在の愛知県内や名古屋市内においては大変厳し要件になっており、具体的には色々要件はありますが道路幅員と計画地付近に存在する民家等との関係が一番頭を悩まします。

 計画地の100m以内に45戸以上の民家等が存在してはならないと規定されており、前面道路が最低幅員6メートルの条件が加わりますと絶妙な規制になっております。すなわち、付近に民家等が無い場所は道路幅が6メートルが無いところが多く、道路幅が6メートル以上あるとこは、民家等の施設が100メートル以内にあるなど、51条許可要件を満足した土地を探し出すのが大変です。会社自身が2年間も探して見つからなかったと言うことも過去にはありました。

1544406

 玉置行政書士事務所では37年間の業務経験をもとに、中間処理業許可、産業廃棄物処理施設設置許可及び建築基準法第51条許可の要件を具備している土地(産廃用地)をあらかじめ把握し、依頼者から立地場所、敷地面積、処理能力等をお聞きした上で、ご希望に合った土地情報を提供しております。

 現在、愛知県及び名古屋市内において下記の内容の土地(産廃用地)を把握しております。
 下記の土地は前述しましたように上記許可に必要な愛知県の建築課、当該地の自治体の建築関係部署等の事前の確認をしておりますので、産廃の積替え保管施設、産廃中間処理業許可・産業廃棄物処理施設設置許可・建築基準法第51条許可施設を計画していて建設可能な土地(産廃用地)を探している場合には、当事務所までご一報いただけますとスムーズな事業展開が可能です。

 ご一報いただければ、すぐに現地をご案内させていただきます。

希望の土地 (320x240)

愛知県内の土地情報
番号 土地のゾーン記号 広さ 設置可能な施設の名称
G 3,500坪
(拡張可)
焼却炉及びその他の産業廃棄物処理施設(51条許可施設)
産廃中間処理業及び積替え保管施設
J 1,500坪
(拡張可)
焼却炉及びその他の産業廃棄物処理施設(51条許可施設)
産廃中間処理業及び積替え保管施設
B 1,500坪 産業廃棄物処理施設(51条許可施設)
産廃中間処理業及び積替え保管施設
B 約1,000坪 産業廃棄物処理施設(51条許可施設)
産廃中間処理業及び積替え保管施設
J 10,776坪 焼却炉及びその他の産業廃棄物処理施設(51条許可施設)
産廃中間処理業及び積替え保管施設
(令和2年7月9日現在)
ゾーン記号別の市町村
A 犬山市、扶桑町、大口町 B 一宮市、岩倉市、稲沢市 C あま市、清須市、大治町
D 愛西市、津島市、蟹江町 E 弥富市、飛島村 F 小牧市、春日井市、瀬戸市
G 尾張旭市、長久手市、日進市 H みよし市、東郷町、豊明市 I 知立市、大府市、東海市
J 東浦町、知多市、阿久比町 K 半田市、常滑市、武豊町 L 美浜町、南知多町
M 刈谷市、安城市、高浜市 N 碧南市、西尾市、幸田町 O 豊田市、岡崎市、蒲郡市
P 豊川市、豊橋市、田原市 Q 新城市、設楽町、東栄町、豊根村 R 名古屋市